はてなブログで読者になるゆうの読者になる

Curiositas ゆう

f:id:curiositas3:20190612193539j:plain

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

僕という人間を一言で

"好奇心の塊"

僕という人間を一言で表すならば”好奇心の塊”

僕という人物はきっと7割方好奇心から成り立っているだろう。それがわかる例を一題出してみよう。皆さんは「○○観戦」は好きだろうか。野球観戦だったりサッカー観戦だったり。僕は全く興味がない。絶対に見るよりやったほうが楽しいからだ。

この記念すべき第一回目は自分についてたくさん語っていきたいと思う。面白いことに自分のことは自分が一番わかっているつもりだったが、全然わかっていなかった。

 

 

僕という人間

 

現在、僕は20歳。仙台市にある大学に通っている。僕は今教育学部に通っている。そこでは教育学や教職教養、また特別支援教育についてを主にを学び、将来教員として働くことを目指している意識の高い人たちとともに日々暮らし、学んでいる。しかし、私は今のところ教員になろうとは思っていない。教育に携わる職業も興味深く素敵ではあるが今僕の中にある順位では下のほうに位置している。

 

今では将来は法律にかかわる職業、あるいは広告代理店のような0から自分で作っていくような職業に進みたいと思い法科大学院も視野にれ独学で法律について学んでいる。(これについては別な記事で書くことにしている。)なぜそんな僕がこの大学にいるか疑問に思う人がいるかもしれない。自分自身そう思う。過去の選択がここまで影響してくるとはその当時思ってもいなかった。

 

この大学を進路先に決めたのには理由があった。僕は中学1年生春から大学1年生秋までの約7年かにわたり弓道をしてきた。(弓道に関してはまた別な記事で書こうと思う。)幸い中学からやっていたこともあり県内で成績を残しておりそこそこ強かった僕はこれをうまく使えないかと思った。そう、ここまで書くと察しのいい人は気づくかもしれない。その当時の僕は弓道で大学に行けばいいじゃん”とすごく簡単に考えてしまっていた。高校最後の県大会の個人予選に出場した僕は運よく県内の大学の体育会弓道部から推薦をいただくことができた。この当時の僕は将来に具体的な目標やビジョンを描いておらず、その大学への推薦に対し深く考えず、先生という職業もいいか!と軽い気持ちで快諾してしまった。こういった経緯でこの大学にて学んでいる。

 

冒頭に言った好奇心についてもう少し深く話そうと思う。

どこから話そうか。僕の性格は白黒はっきりした性格で、あまり人間に興味はない。かなりドライな性格の上、よく他人から言われるのは、かなり自分に自信がある。らしい。地球は自分を中心に回っているとまで勘違いするほどだ笑

 

確かに自分の行動には絶対的な自信をもって行っているつもりだ。時折、それのせいでトラブルを起こしてしまうこともある。しかし、自分の中でこの性格は自分の長所だと思っている。

 

僕の中では行動がすべてであると考えている。行動が伴わず、口だけで終わる人間はこの世の中に多くいるなとまだ20年しか生きていない僕でもわかる。そういう大人にはなりたくない。そのために僕は「思い立ったらすぐ行動、即断即決即行動」するように心がけている。悩んでも仕方ないなと最近よく思う。失敗を恐れて何もしないのは本当に損していると思う。失敗してもそれを途中経過にすれば少なくとも失敗にはならない。その行動に伴って得られる知識は多いからだ。

 

僕はやりたい!と思ったことは絶対にやる。悩む間もなく。その例をいくつか挙げてみよう。ひとつ目はアルバイトについてだ。僕は常時アルバイト2~3件掛け持っている。その中の一つのStarbucks Coffeeでのアルバイトは高校3年生から現在まで軸として行っている。それ以外に今まではアパレル、カフェ、ウェディング、イベントなどなど多くのことをしてきた。その中のアパレルのブランドは僕の私服の趣味には程遠いような服を扱いうブランドだった。そのブランドは皆さんがよくご存であろうadidasだ。僕の住む街にはadidasの直営店が存在する。その当時僕はランニングやテニスを趣味にしていてスポーツに関心を寄せていた。ちょうどその時ウェアを購入しようとadidasでお会計をしているときレジの横にアルバイト募集のカードが置いてあった。そして迷うことなく応募した。「彼女にはどうしたの?そっち系の服に目覚めたの???」とびっくりされた。理由はやってみたい。それだけである。やってみて様々な年代の方とかかわることができ、多くのことを学ぶことができた。やって正解だなと思っている。

 

2つ目はNPOの活動の運営についてだ。僕は今年春からNPOの運営に携わっている。これについてもFacebookをいつものように流しながら見ているとある記事が目に留まった。それが今僕が携わっているNPOの活動だ。これも見た瞬間やってみたいと思いすぐに行動にうつした。運営側に掛け合い現在に至る。まだまだ始めたばかりだが、とても楽しい活動だ。

 

行動に移すことは僕は苦にならない性格である。行動することによって得られることは多くあると確信しているからだ。後先考えずに行動に移しているだけでは?と言われてしまえばその通りだなと思うが。きっとそれを言う半数以上の人はリスクを考えすぎ、いつでも保守的な行動で可もなく不可もなく、右に倣えの行動をとっているのだろうと思う。それが悪いとは言わないがとても損していると私は思う。そういう人間多いから日本人は自己肯定感が低いとされそういった自己啓発本が書店の一角に多く並べられているのだろう。一個人の考えだが。

 

僕という人間はこのような人間だ。好奇心の塊で。なんでも行動に移す。少し傲慢で。0or100で。

 

こんな僕ではありますが、皆さんよろしくお願いします。

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

#自己紹介#couiositas#好奇心#Starbucks#Adisas#ゆう#はてなブログ#初めまして#よろしくお願いします。