はてなブログで読者になるゆうの読者になる

STARBUCKS COFFEE 日常 ゆう

f:id:curiositas3:20190601145432j:plain

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

STARBUCKS COFFEE

 

 

www.curiositas.work

 

 

www.curiositas.work

 

先のブログで述べた通り僕はSTARBUCKSバリスタとして働いている。

今回の記事ではなぜ僕がSUTARBUCKSで働いているか、STARBUCKSで得たこと、そしてこれまでの約3年間のSTARBUCKSでのことについてお話していきたいと思う。

 

僕がSTARBUCKSにいる理由

僕がSTARBUCKSにいる理由。それは多くの人と深く関わることができ、様々な経験ができるからだ。

僕は先の記事でも述べていた通り、朝の学校の始まる前にシフトインしている。それは僕が超朝型人間というのもあるが、朝に来店する多くの常連さんとのコミュニケーションがとても好きだ。

朝にシフトに入ることでほかの時間帯には到底できない経験をすることができる。それは朝に来店してくださる常連さんはいつも決まった時間に来店されいつも同じものを飲み、その日1日を僕が働いているお店でスタートを切っている。その光景をお客さんとしてではなく、店員さんという視点から見れるのはこの仕事の特権だと思う。

週のうち4~5日朝に顔を合わせ挨拶をする。そうしていく中でお客さんとの信頼関係が生まれる。時折、お店の外で朝の常連さんと出くわすことがあるがその時も気さくにお客様から話しかかてくださり、とてもいい気持ちになる。この仕事をしていてよかったなと思える瞬間だ。お昼や夕方夜の時間に入る学生ではこういう経験は少ないだろうと勝手に思っている。社員の人に夕方も入りなよ、学生いっぱいいるし。といわれてもう二年になるが、わがままを言い、ずっと朝に入れてもらっている。朝をメインで入る学生PTRは僕しかいない。この素晴らしいポジションを手放したくないというのが本音。

朝以外の時間では、お客さんの出入りが激しくあまり深いコミュニケーションが取れないのだ。そのほかにも理由は多々あるがこれが一番を占めている。これが僕がSTARBUCKSにいる理由だ。

 

 

         

STARBUCKSで得たこと

僕はSTARBUCKSで働いて得たことがたくさんある。いくつか紹介してこうと思う。

・コーヒーの知識

STARBUCKSで働いて一番身についたものはコーヒーの知識だと思う。一言にコーヒーといっても様々な種類がある。産地、加工法、フードとの相性や、入れ方、飲み方によっても様々な表情を見せるコーヒー。本当に楽しい世界。フードペアリングや入れ方、産地、加工法については今後載せていきたいと思う。

 

・時間のうまい使い方

STARBUCKSではいろいろなことを同時進行して物事を進める。レジをしながら、コーヒーの時間を見たり。お店をきれいにしながら、裏で補充をしたり、お客さんにドリンクを渡しながら次のドリンクに手を付けたり。こういったことで、時間の使い方、物事の効率のいいすすめ方を学んだ。

 

・お金

これは当然といえば当然だが、STARBUCKSに僕の時間を売っている/買ってもらっている。僕の時間と交換でお金をもらっている。得たことだ。

 

3年間を振り返って&これからについて

かれこれ僕はもう3年ほどSTARBUCKSで働いている。自分でいうのもなんだがお店の中ではベテランの仲間入りを果たした。3年間を振り返ると、店長が変わったり、PTRが増えたり減ったり、お客さんと信頼関係を気づき、いい気持ちになったり、はたまたお客さんと喧嘩をしたり、社員に怒られたり、様々な経験をさせてもらった。しかし、まだまだ経験が足りない部分もある。今後は後輩PTRのロールモデルとして、そして、年末に控えるブラックエプロン試験のため日々頑張っていきたいと思う。

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村