はてなブログで読者になるゆうの読者になる

これからの小学校英語教育 


f:id:curiositas3:20190607202708j:image

 

 

 

早期英語教育について教育学部生が考える

2020年から小学校における英語教育がこれまでと大きな変化を遂げること、あなたは知っているだろうか。そう。それが”早期英語教育”。今回の記事はその早期英語教育について深めていきたいと思う。

 

小学校3年生からの英語教育

2020年から小学3年生から英語教育「外国語活動」という形で始まる。外国語活動はこれまで小学5年生からスタートしていた活動で、2020から3年生からスタートする。教科という位置づけではないめ、成績等はつかず、英語という語学に触れる目的で位置づけられている。

 

 

小学校5年生からの英語教育

小学校3,4年生での外国語活動を経て、5年生からは「英語」という名で教科としてカリキュラムに加わることになる。週3時間、この英語が小学校の時間割に教科として組み込まれる。教科になるということは当然、成績も付くことになる。指導要領を見てみると、小学校卒業時点で600語から700語程度の英単語を身に着けることを目標としており、これまでの倍以上の内容を小学校5年生の段階から、学習することになる。その後中学校へと進学する際、ある程度の英語力を養ったうえで進学しなければならない。

 

小学校の英語教科化 メリット・デメリット

 2020年から上記のように英語教育に関して大きな変化がもたらされる。世間でも多くの関心がよせられている。その際におけるメリット・デメリットを詳しく述べていきたいと思う。

メリット

1:臨界期を超える前の英語学習

僕がこの問題に関し調べていたところ”臨界期”という単語がたくさん出てきた。臨界期について簡単に説明しておく。

臨界期:発達過程において、その時期を過ぎると、ある行動の学習が成立しなくなる限界の時期。(大辞林より)

言語習得に対する効果的な時期が8~9歳。そのため小学校3~4年生での英語活動が組み込まれたというわけだ。この時期に習得することで、のちの英語に対する、苦手意識や嫌悪感をあまり抱くことなく英語という教科に入ることができる。

 

2:英語に対する学習時間の確保

現在、中学校、高校でのカリキュラムでは生徒に英語を習得させるには時間が足りないとされている。そのために、小学校3~4年生で英語に触れさせておくことで、中学校から始まる本格的な英語学習にスムーズに入ることができる。

 

デメリット

1:母国語である日本語の思考能力が未発達

一般に、第二言語は母国語以上に発達することはないといわれている。母国語が身につかないうちに、第二言語を学習しようとしてもなかなか定着しないのでは。といった問題がある。幼少期は母国語での表現が未発達な時期でその時期に英語を身に着けさせるのは注意が必要。

2:授業時間の確保

現時点で小学校教育において課題が多くある。その中で、よく耳にするのは詰め込み教育だ。授業時間が十分に確保されていないことによってあらゆる弊害が生まれている。昨今ニュース等で見ることが多くなった、置き勉。小学生のランドセルの総重量が約30㎏になることもあるそう。現時点授業時間が圧迫されているのにかかわらず、英語教育がさらに入ってくることによって、子供の負担もそうだが、教員の負担もさらに拍車がかかることになる。授業時間を十分に確保できるのだろうか。どこを削るのか、子供の負担が大きくなってしまうのではいだろうか。

 

3:小学校時点での英語に対する苦手意識

メリットでも挙げた、英語に対する意識の問題。

やはり個人差が出てしまう。小学校時点から英語に対する苦手意識が形成されてしまうということは、目的からそれてしまう。苦手意識のまま中学校に入ってしまい、土台となる小学校英語がままならないまま、学習を進めていくのは難しい。さらなる学力差につながってしまう。

 

以上が現状のメリット・デメリットである。

 

 

僕の考え

僕は英語教育を無理に小学校時点からやる必要はないのではないかと考える。英語に触れさせるのはもちろん大事だが、小学5年生にグローバル化を押し付けて、英語に対し苦手意識を持たせてしまっては本末転倒ではないか。

そのため、小学校では、英語活動はそのままにし、5年生から始まる英語を、英文学に触れさせる授業に置き換えればいいのではないかと考える。英文学に触れることで、様々な視点(宗教学や考え方)からグローバルな視野を持たせることができるのではないかと考えるからだ。小学校5年生からの英文学で海外に視野を向けさせ、子供自ら英語を学びたいという気持ちにさせるのが一番大切なことではないかと私は考える。

 

 

2020から始まることが決まった早期英語学習。あらゆる課題が山積みではあるが、今後、どのようにして教育が行われるのか。子供たちにとっていい形の教育が施されればなと思う。

 

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村