はてなブログで読者になるゆうの読者になる

SDGs わかりやすく 教育学部 社会科の先生(予定)が教える

https://www.unic.or.jp/

https://www.unic.or.jp/

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログへ


にほんブログ村

 

SDGs 持続可能な開発目標

 

今回はSDGs(持続可能な開発目標)についての記事にしようと思う。

突然だがあなたは、SDGsという言葉を知っているだろうか。理解しているだろうか。これからを生きる私たちにとって大切な事柄にあたるので、今回はこの件を取り上げ、解説していこうと思う。

 

SDGsについて

SDGsについてまずは基礎知識を。

 

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟国193か国が2016~2030年の15年間で達成するために掲げた目標。

SDGsは5つの分類で17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

 

SDGs 5つの分類と17の目標

https://sutekida-japan.com/sdgs-meaning-beginner-sustainable/

https://sutekida-japan.com/sdgs-meaning-beginner-sustainable/
5つのP

・People(人間)

・Prosperity(豊かさ)

・Planet(地球)

・Peace(平和)

・Partnership(パートナーシップ)

 

人間にまつわる分野/国や産業に関する豊かさの分野/地球環境に関する分野/平和に関する分野/パートナーシップに関する分野

 

上記5分野に分類される。

 

5つのP/ 17の目標
・People
https://www.unic.or.jp/

 

これら6つは、貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など開発途上国に対する開発支援など人間が生活していくうえで必要な事柄が挙げられている。

 

・Prosperity
https://www.unic.or.jp/

 

これら5つはエネルギーの問題、働き方、産業の基盤形成、国家間の不平等、街づくりの問題が掲げられ、発展途上国だけの問題ではなくなってくる。

 

 

 

・Planet
https://www.unic.or.jp/

 

これら4つは気候変動や海、陸のことがあげられており、発展途上国だけではなく先進国にも関わる問題になっている。より、包括的な問題となっている。

 

・Peace/・Partnership
https://www.unic.or.jp/

 

Peaceに関しては、すべての人間に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルに対応した制度を構築。

Partnershipに関しては、国家間の連携を深めグローバルパートナーシップを活性化という内容になっている。

 

169のターゲットについては各項目において、さらに細かく分類され、詳しく具体的な政策が展開されている。

 

 

 

 

日本国内におけるSDGs

日本では2016年5月に「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」が開催され、直近では2018年12月に第6回目の会合が開催された。その際、安倍首相は以下のように述べている。

安倍政権は、かつてないスピードで変化する世界から「誰一人取り残さない」社会を実現すべく、世界の「国づくり」と「人づくり」に貢献します。 キーワードは、「豊かで活力のある未来に向けた国づくり」、「子や孫の世代に誇れ る日本」、そして「国際社会をリードする日本」です。 第一に、「豊かで活力のある未来に向けた国づくり」を進めます。SDGs推進の 流れを大企業から中小企業にも広げ、全国にSDGsの活力を行きわたらせます。 最新の科学技術イノベーションを活用し、スマート農林水産業による地域の活性化 や、海洋プラスチックごみ対策等を通じた循環型社会の構築につなげていきます。 本年見られたような気候変動により激甚化する災害に対応するため、持続可能で強 靱な国づくりに全力を尽くします。 第二に、人生百年時代に向け、「子や孫の世代に誇れる日本」を作るべく、未来を 担う子供たちや女性に大胆に投資します。3月に国際女性会議とW20を同時に開催 し、「女性が輝く社会」の実現に向けた取組を世界に訴えます。 次世代の声と力を活かすべく、学生や若い社会人を中心とした「次世代のSDGs 推進プラットフォーム」を立ち上げます。 第三に、「国際社会をリードする日本」を世界に発信します。来年は、G20やT ICADがあります。 世界の注目が日本に集まるこうした機会を通じ、SDGsの力強い担い手たる日本 の姿を国際社会に示していきます。 G20やTICADを通じ、質の高いインフラ、防災、海洋プラスチックごみ対策、 気候変動等の取組をリードします。「人間の安全保障」や「人づくり」の基礎となる 女性、保健、教育を重視します。 これらの成果を、来年9月の国連総会の際に開催されるSDGs首脳級会合におい て、G20議長として国際社会に対して発信します。 以上を踏まえ、関係閣僚においては、日本のリーダーシップを示すべく、G20の 直前となる次回SDGs推進本部会合に向けて、具体的な取組の推進・強化をお願い します 首相官邸 議事録より

 

簡単に要約すると、日本国内において、豊かな国づくりを目指し、SDGsの活力を全国に活力をいきわたらせる。次に、人生100年時代に向けた投資。そしてG20TICADにて「国際社会をリードする日本」を世界に発信する。とのこと。

 

日本国内で多くの企業がSDGsに取り組んでいる。

外務省のリンクを最後に貼っておくので興味のある方は見ていただい。※1

 

世界におけるSDGs

世界におけるSDGsの取り組みは進捗度ランキング1位になっているスウェーデンを取り上げ紹介していく。

スウェーデンでは3つのポイントがある。

1つ目は There is consensus(コンセンサスがある)

コンセンサスとは意見の一致のこと。スウェーデンではSDGsの基礎部分にコンセンサスが存在する。

 

2つ目は Rules(ルールがある)

原理原則がしっかりある。ルールに従えば、何が正しいか(やさしいではなく)がわかる。

 

3つ目は Measure it(計ることが大切)

何事においても計らなければ、結果は出ない。「直感」だけで活動することは結果が出ない。注意が必要。

 

スウェーデンでは、共通認識のもと、的確な意識、ルール、が存在し、都度、結果を確認しながらSDGsを進めているためにランキングでは1位を貫いている。

 

 

 

私たちができること

私たちができることは、節水や節電、分別はもう当たり前等認識のもと、僕なりに考えた結果、このようなことがあげられると思う。

ラベル認証を持つ商品の購入

ラベル認証

あなたは普段生活しているときにこのようなラベルを見たことはないだろうか。

http://oneplanetcafe.com/blog/5822/

これは第三者認証ラベルといって、公正で公的な認証を受けた商品にのみ貼られるラベル。

こういったラベルの貼られた商品は、適切な森林管理(FSC認証)や公正価格での取引(国際フェアトレード認証)、環境に優しい漁業(MSC認証)生産者や環境に配慮がなされた商品のみに貼られるラベル。

例えばStarbucksCoffeeで売られている”フェアトレードイタリアンロースト”。これはフェアトレード認証を受けたコーヒーになっている。

私たちが生活していくうえで意識してこういった商品を手に取ることで環境問題や、貧困問題等の課題解決の糸口になることができる。

日本に暮らす私たちは比較的環境に恵まれた生活を送っている。しかし、同じ地球上で、わずか10歳ほどの子供たちが過酷な労働に従事させられていることを忘れてはならない。

私たちのちょっとした意識で、この問題は解決の糸口になる。

私たち、地球市民はこのようなことを考えるべきではないだろうか。

 

参考リンク

※1 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/case/org1.html

http://oneplanetcafe.com/blog/5822/

https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

 

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村