はてなブログで読者になるゆうの読者になる

スターバックスリザーブ®ロースタリートウキョウ 

スターバックスリザーブ®ロースタリー東京

 

         

f:id:curiositas3:20190713123254p:plain

https://www.starbucks.co.jp

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

今回は僕、現役スタバPTRによるStarbucks Reserve® Roastery Tokyoについて紹介していこうと思う。

 

2019.2.28

世界で5店舗しかないスターバックスリザーブロースタリーのが東京にオープンした。

オープン当初、TVや雑誌等で特集が組まれており、全国のスタバファンがオープンの日に駆け付け、オープン時間の07:00には大行列ができていたそう。

 

今回はそんなStarbucks Reserve® Roastery Tokyoについてお話したいと思う。

 

スターバックスリザーブ®ロースタリー

f:id:curiositas3:20190713130735j:plain

photo by Dale Cruse

 

まず、スターバックス リザーブ® ロースタリー とはいったい。と思う方もいるだろう。そんな方のために、まずは基本的な事柄について説明していく。

リザーブ®とは

f:id:curiositas3:20190713132538p:plain

 

リザーブ®とはスターバックスが本当におすすめする、最も希少性の高く、類まれなるコーヒーセレクションのことを指す。全国でわずか59店舗しかない、特別な時間が流れるお店。

このリザーブ®は通常の店舗では扱っていない希少なコーヒー豆や、専用の抽出機器が備えられており、そのコーヒーの香りや舌触り、味等の特徴を最大限楽しめるようになっている。

 

ロースタリーとは

f:id:curiositas3:20190713133606j:plain

SB公式より

 

ロースタリーとは「焙煎所」という意味を持っており、さらに、焙煎もできるコーヒーショップやカフェも意味する。今回紹介するスターバックスリザーブ®ロースタリーの最大の魅力はこのロースタリーの部分。

このスターバックスリザーブ®ロースタリーでは、ここでローストされたコーヒー豆その場で使用することは勿論のこと、さらには全国の店舗に向けて出荷している。スターバックスのコーヒー豆はこれまでアメリカの本社でローストし、日本に運ばれていたが、日本国内でもローストできるようになり、その場では焙煎する工程を楽しめるようになった。

また、アメリカで研修・修行を経た専任のロースターが日々、品質を管理しながらローストしてくれている。さらにはこのロースターともお話することができる。これこそがロースタリーの最大の特徴。

 

ざっくりリザーブ®ロースタリーについての説明をしたところで、本題のロースタリー東京について紹介していこうと思う。

 

 

Starbucks rezerve® Roastery Tokyo

f:id:curiositas3:20190713151208j:plain

産経新聞より

シアトルのパイクプレイス・マーケットに最初の店舗をオープンして以来、 スターバックスのコーヒーの旅は、世界中に広がっていきました。 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京でも、コーヒーが持つまだ知られていない可能性を広げる旅は続きます。 のめり込むようなコーヒー体験をここ東京で皆さまに提供できることは、わたしたちにとって大きな誇りです。

SB公式より

 

さて、本題のスターバックスリザーブ®ロースタリートウキョウ。

この建物は4階建てになっており、各階で別々のコンセプトの商品が並ぶ。

各階の詳細を紹介していこうと思う。

 

1F Starbucks  Reserve

f:id:curiositas3:20190713135411j:plain

SB公式より

1階にはロースタリー、メインバーやイタリアンベーカリー「Princi」、グッズの販売エリアなどがある先の項でも述べたように、この建物内でコーヒー豆を焙煎している。スターバックスリザーブ®ロースタリートウキョウでは日本市場向けに年間68万kg以上のコーヒーを焙煎するという。およそ60kg入る豆袋を1日あたり約30個焙煎するために、最大118kgの焙煎が可能な「Probat G-120 Roaster」と、最大16kgの焙煎が可能な「Probat P25 Roaster」と、2台の大型コーヒーロースターを備えている。

 

メインバー

f:id:curiositas3:20190713152802j:plain

SB公式より

メインバーではここでしか飲むことができないシグネチャービバレッジとして、様々なビバレッジが存在する。独自のストーリーを持った希少なコーヒー豆をそれぞれにふさわしい条件で丁寧に焙煎しており、それぞれの風味、香りを楽しめる。

f:id:curiositas3:20190713151954p:plain

 

Princi

f:id:curiositas3:20190713153211j:plain

SB公式より

Princiは1980年代にミラノにオープンしたイタリアンベーカリー。妥協なく選び抜かれた素材をもとに職人が手作りで作るおいしいフードを食べることができる。日本ではスターバックスリザーブ®ロースタリー東京が初出店になる。

 

 

2F Teavana

f:id:curiositas3:20190713153619j:plain

SB公式より

2階は主にTeavana(ティバーナ)のフロアになっている。

Teavanaとは

「Heaven of TEA」の意味を込め、今までなかったTEA体験を お届けするために生まれたブランド、ティバーナ™。 香りと味の重なりあわせから次々とあふれ出すTEAの無限の可能性にどうぞご期待ください。SB公式より

Teavanaはスターバックスが提供している紅茶のビバレッジ。店舗にて期間限定で存在しる青や黄色やピンクのエプロンをしているPTRを見たことはないだろうか。そのTeavanaだ。

スターバックスリザーブ®ロースタリー東京では、日本独自のメニューが存在し、桜や抹茶などのビバレッジがある。

f:id:curiositas3:20190713154338p:plain

 

3F Arriviamo™Bar

f:id:curiositas3:20190713154734j:plain

SB公式より

こちら、3階にあるアリビアーモではアルコールを含んだコーヒー、カフェインフリーのカクテル、食前酒、ワイン、ビール、ノンアルコールドリンクメニューを楽しめる。

独自の世界観が空気と時間、それにメニューに施されており、行くだけで特別な時間を過ごすことができる。

f:id:curiositas3:20190713155218p:plain

 

4F Amu Tokyo

f:id:curiositas3:20190713155334j:plain

SB公式より

ここは、様々に色づく才能を「編み」、輝かしいアイデアを「生む」場所

この場所で一杯のコーヒーを飲みながら様々なセミナーやイベントを通して、知識を深めたり、インスピレーションを得ることができるラウンジ。

現在も様々なセミナーが開かれており、だれでも参加できる。予約をし、行ってみてはいかがだろうか。あなたの知識がさらに深く、広がるだろう。

 

 

 

 

 

 

さいごに

f:id:curiositas3:20190713160433j:plain



今回はかなり遅れてこのスターバックスリザーブ®ロースタリートウキョウを紹介した、世界にはさらに4か所。ロースタリーが存在する。今後、追って紹介していきたいと思う。

今回紹介したリザーブやティバーナ等、何か気になるものはあっただろうか。

これからの季節はさらに季節限定商品が出てくると思う。この夏に行ってみるのもいいのではないだろうか。

 

この記事を読んでいただきありがとうございます。もしよろしければ「B!ブックマーク」をポチっとクリックお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

www.curiositas.work

www.curiositas.work

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村