はてなブログで読者になるゆうの読者になる

ワインソムリエを目指して

 

         

ワインソムリエを目指して

         

ワイン ソムリエ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お久しぶりです。ゆうです。

本当にお久しぶりです。過去の記事を見たら、8月中旬から投稿しておらず、久しぶりの投稿です。

しかしながら、読者の皆さんは未だ見に来てくださり、PVはなぜか安定していました。本当にありがとうございます。

 

さて、本日の記事では最近僕が興味を持っている事柄について書き記していきたいと思ます。

 

最近では、僕が興味を持っていること。

それは

ワインソムリエ

 

ワインソムリエ。かっこよくないですか?

本当に目指しています。まだ何もしていませんが。

そこで、今回のこの記事を通して、僕自身も学びながら書いていきたいと思います。

 

基礎の基礎からソムリエの仕事、そして魅力等についてお話ししていきたいと思います。

 

ワインソムリエを目指すきっかけ

バーテンダー リキュール

 

ワインソムリエを目指すようになったきっかけはいくつかある。その中で、今回の記事では三つほど紹介していきたいと思う。

バーテンダーとしての経験

僕自身、大学1年生の時から結婚式場でバーテンダーとしてアルバイトの経験がある。そこでは、リキュール、カクテル、シャンパン、ワイン、あるいは新郎新婦と一緒に考えた創作オリジナルカクテルの提供等もしている。

その中で、ベストの胸にあのワインのバッチがあったらとってもかっこいいじゃん。

と。そんな理由。

 

⒉ドラマ

今シーズンテレビでやっているテレビドラマ「東京グランメゾン」はご存知だろうか。

このドラマはフレンチのレウsトランのお話だが、この中にも、ソムリエが毎度出てくる。

ベストの胸に輝くソムリエバッジを見るたびに「あーーー欲しい!」と思ってしまう。

僕自身、ドラマやその他事象に影響されやすい人間である。そのため、今回も影響された。

詳細は以下に貼っておくとする。

https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/

 

バリスタとしての経験

僕自身、現在スターバックスのPTRとしてコーヒーをお客様にお届けするアルバイトをしている。

先日、社内テストであるブラックエプロンテストというものがあり受けた。手応えはまずまず。このテストも、ワイン界でいうソムリエ的立ち位置であり、コーヒーを通してお客様にエクスペリエンスを届けることに何にも代えがたいやりがいを感じている。

 

といった単純かつ、明快な動機で動きだしたこのプロジェクト。

僕自身どこまでいけるのかわからないがやっていきたいと思う。

ちなみに、ワインは一晩でボトル2本開けるほど好んで飲む。

2019ボジョレー

 

2019 ボジョレーは飲んだだろうか。今年のボジョレーは舌触りなめらかで、すっきりしており、飲みやすい一本だった。まだ飲んでいない方はぜひ、、、

 

 

さてさて、ここまでは僕がなりたい理由。

ここから先は、なる方法や資格の詳細について説明していきたいと思う。

 

 

 

ワインソムリエになるには。

まず、ワインソムリエという国家資格は存在しない。ソムリエの資格の試験を行なっている二つの民間団体を簡単に紹介していきたいとお思う。

 

日本ソムリエ協会


 

日本でのワインの普及、知識・サービスの向上、食品衛生を目的とし、ソムリエの育成、資質向上を目指す。また国際ソムリエ協会などとも連携して海外交流に関する事業も行っている。 会長は1995年に世界最優秀ソムリエコンクールで優勝した田崎真也氏。田崎氏は2017年6月まで国際ソムリエ協会会長も兼任していた。 受験資格はアルコール飲料に関する業務に従事する人を対象としており、認定試験に合格しなければならない。

一般的なソムリエバッジはこちらの日本ソムリエ協会試験をパスしたら授与される。

 

全日本ソムリエ連盟

独自のカリキュラムを導入し、ワインのプロフェッショナルを提供する「ワインコーディネーター/ソムリエ」の育成をしている団体。受験資格は特になく、経験を問わず、独自のシステムで認定。

 

 

最後に

 

今回は、ワインソムリエについての基礎の基礎と資格についてをお話した。

僕自身、資格取得の受験資格自体は持ち合わせているので、今後直kんと金銭的な余裕があればトライしていきたいと思う。

では。

この記事を読んでいただきありがとうございます。もしよろしければ「B!ブックマーク」をポチっとクリックお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

www.curiositas.work

www.curiositas.work

www.curiositas.work

www.curiositas.work

www.curiositas.work

www.curiositas.work

www.curiositas.work