はてなブログで読者になるゆうの読者になる

僕と彼女の日記 日記のススメ 五年連用日記

5 year's  diary

      にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

二人の道しるべ

5 year's Diary

5 Year's Diary

この日記は5年連用日記といって、1つのページで過去未来5年間を一目でわかるような作りになっている。未来ばかりを見て考えている自分のような人間にはとってもいい時間をこの5年連用日記は与えてくれる。

 

なぜ日記を?

もともとは日記なんて書く人間だはなかった。書くようになった直接の理由は僕の彼女が関係してくる。彼女は日記を書こうと決めてはいたそうだが、黒歴史にならないか、不安で躊躇していたよう、そこで書くだけ書いてみようと僕から誘ってみたのだ。かれこれ日記を書いて3年になったが、今のところ黒歴史になる予兆は全くない。安定の二文字。書いてよかったなとも思っている。

 

 

        

日記のススメ

私自身もう日記をつけ始め、3年になる。最初、この習慣が定着するまではなかなか大変で、ところどころ付け忘れてしまっている箇所がある。しかし、それもまた日記の面白さだと思う。無理しては続くものも続かなくなってしまう。最初はそのような形で日記を書いていく。日記を書く時間、見返す時間、ふと思い見返す時間。この時間はとても大切な時間だと改めて感じている。日記を書いてる時くらいだろう。その日一日何があって、どんなことをして、どんな風に感じたか、思ったかを深く考える時間は。この日記は僕に大切な何かを与えてくれたそのなにかは、前に進む途中、少し立ち止まって、過去を振り返る時間だ。あなたは1日の終わりにその1日を深く考えること、思い返すことはあるだろうか。日記を書くたった数分、1日を見返すことができたなら、人間はもっともっと成長できるのではないかと思う。もっと素敵な人間に。感情豊かで思いやりのある人間に。僕自身このように偉そうに書いているが、まだまだ子供で、成長途中だ。今後自分が目指す人物像、理想像に向け成長していきたい。

下に僕と彼女が使っている日記のリンクを貼っておきたいと思う。これから始めようと思う人にとってもおすすめ。行数も5行ほどで無理なく続けられる。この日記でなくても、書店などにたくさんの種類の日記帳が置いてある。時間のある時にでも。

人間には、前に進むことはとても大切だが、少し立ち止まり、過去を見返す時間もそれと同じように大切だと思う。そういった時間をとってみてはいかがだろうか。では。

 

にほんブログ村にエントリーしております。下の大学生ブログボタンを押していただくと、ポイントが加算される仕組みになっております。どうか、どうか、あなたのご協力を。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村